南波志帆

【インタビュー】南波志帆(アーティスト)

LINEで送る
Pocket

今回は、そのキュートな見た目とだれもが癒されてしまうマジックボイスの持ち主、アーティストの南波志帆さんにインタビュー。自然体で可愛すぎる本性と、音楽に対する思いについて聞いちゃいました!

デビューのきっかけは?

ー小学生6年生の時に地元のイベントで歌ってた際、レコード会社の方に声かけて頂いたことのがきっかけです。

地元が福岡県の南波志帆さん。

福岡県から東京都への上京は不安じゃなかったですか?

ー中学3年生の時にインディーズデビューをし、高校入学と同時に上京しました。上京前にも東京と地元を行き来していたので、特に不安はなく、期待感のほうが強かったですね。

小さい頃から、歌手になりたかったんですか?

ー最初は、宝塚の男役になりたかったんです!小さい頃から歌うことが好きだったのですが、自分の声がコンプレックスだった時期もありました。ですが、この自分にしかない声が長所になることに気がついてからは、アーティストになりたいと思うようになりました。

中学生の時に軽音部のボーカルをやっていたとお聞きしたのですが…。

ー私、軽音部の幽霊部員だったんです(笑)文化祭の時に、ボーカルの不足で駆り出されたりなんかして。BUMPOFCHIKINさんの「車輪の唄」などカバーしてました。

学校に通いながらお仕事は大変でなかったですか?

ー2つの自分の生きる世界があるような感じがしていたので、大変ではなかったです!学校に通っている自分と、歌手として活動している自分。2つの居場所があるからこそ、とても良いバランスで楽しく活動できていたので、大変というよりもありがたいと思っていました。当時は勉強も寝ずに頑張っていましたね。なぜか、テスト期間とレコーディングの時期が重なることがよくあって、とても大変だった記憶もあります、、(笑)

学生時代に一番、思い出に残っていることはありますか?

ー高校時代に「和菓子が食べたい!」というした心で茶道部に入っていました。学校が終わって部活に行けないときも、和菓子の練りきりだけもらって手に乗せて、仕事に行ったりしていましたね(笑)

学生時代にやり残したことはありますか?

ー制服デートですね!!!制服ディズニーがしてみたかったです。漫画の「君に届け」の世界みたいな、甘酸っぱいことをしてみたかったです。

南波志帆

高校卒業してより一層活動の場を広げていった南波さん。

今はどんな活動をしていますか?

ーアーティストとしての音楽活動に加えて、最近はありがたいことにお話をさせて頂くお仕事も増えてきました。今年の4月からはラジオのメインパーソナリティーもさせて頂いています。

さまざまのクリエーターの方に楽曲を提供してもらっている南波さん。

歌うときに気を付けていることはありますか?

ーどのクリエーターの方も、アーティスト色を出しつつ、私が歌うことも考えて提供してくださるので、まずはその世界観に思い切って飛び込み染まってみようという思いで歌っています。音楽は思い出と密接に関わるものだと思うので、思い出の記憶装置ように感じています。なので曲を聴いた方が思い出を想起できたり、自分を重ね合わせたり出来る余白を残せるように、ストーリーテラーのような形で楽曲といい距離感を保つことを心がけて歌っています。

南波志帆

特にお気入りの曲はありますか?思い出深い曲はありますか?

ーその質問はとても困りますね(笑)お父さんとお母さんどっちが好きか聞かれて答えられないのと同じです。どの曲も思い出に残っていますし、大好きな曲です。その中であえていうなら、「髪を切る8の理由。」です。この曲のときに、人生初のショートカットにチャレンジして、自分の中での大きなターニングポイントになりました。

曲の中で、共感する歌詞はありますか?

ー「髪を切る8の理由。」の中の「どんな自分も自分だから」という歌詞にとても共感します。自分を素敵にできるのは、自分しかいないと思います。素敵な自分になるために頑張ろうといつも思いながら活動しています!

お休みの日はなにしていますか?

ーゾンビ映画を見ています。そのうちゾンビが蔓延る世界になると思うので、その時にも生き残るため、日々研究をしています。なので今のところは、生き残れます!(笑)

かわいい女の子をみるのが好きと伺ったのですが…

ーかわいい女の子を見て癒されない方はいないと思います!街中では気が付いたらかわいい子を探していますね。日常に潜む美少女が好きで、自然体でナチュラルだけど美しい、みたいな子が好きです。今では街を歩く楽しみになっています!

かわいい女の子にキュンとする瞬間は?

ー風が吹いてなびいた髪を直す姿がキュンときます!あと、恥ずかしそうに笑っている姿とかも良いですね!

南波志帆

おじさんな一面を見せてくれた南波さん。学生団体jagzziが主催するイベント「Jagzzi」に出演してくれました。ありがとうございました。

イベントへの出演に対しての意気込みをお願いします!

ーこの度は、素晴らしいイベントに呼んでいただきありがとうございます。素敵なわくわくと刺激を感じてもらえるような空間を共有できるように頑張ります。よろしくお願いいたします!

多方面で活躍している南波さん。イベントで、素敵で刺激的なステージにしてくれました!イベントで気になった方も多いはず!

そんな南波さんにとって刺激とは?

ー日々を彩るスパイスだと思います。日常に落ちている大事なものを愛おしく思わせてくれて、日常にメリハリをつけてくれる。そんな刺激を皆さんにもお届したいです。曲を通じて、ささやかながらでも刺激を与えられる存在でいれるように頑張ります。

ふわふわしていて、かわいい南波志帆さん!インタビューありがとうございました。

南波志帆オフィシャルサイト

@nanba44

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です