旅のススメ【世界を旅するトラベラーになりたい!】

LINEで送る
Pocket

 

 “世界を旅する”

 

img_5312
We heart it

その国の空気を直接肌に感じ、それぞれの国独自の文化に触れる。そして新しい人々との出逢い、今までの価値観を覆すような経験ができる”旅”。今回は、そんな旅の魅力に迫ってみました。

旅といったらバックパッカーを思い浮かべるのではないでしょうか。バックパック1つ背負って世界を旅するなんてかっこいいですよね。そしてバックパッカーは、ただの海外旅行とは違うのです!では、バックパッカーと海外旅行の違いとはなんなのでしょうか。まず、最初にバックパッカーについてまとめてみました。

◯バックパッカー

バックパッカーと海外旅行の違いってなに?

まず、バックパッカー(Backpacker)とは、バックパックを背負って海外旅行に行く人のことを指しますが、バックパックを背負って海外旅行に行けばそれで、バックパッカーという訳ではありません。

従来の海外旅行者と違いバックパッカーはツアーやホテルなどを利用せず、出来るだけ旅行費用を抑えるために、自分自身で交通機関や宿泊先などを調べて、自由に海外旅行をする人たちを指します。まとめると、バックパッカーが従来の海外旅行者とはっきりと違うのは、旅行費用を抑えるために自分自身で旅行のプランを立てる必要があることです。そのため、従来の海外旅行と比べて、長期的になる傾向があります。

バックパッカーのメリット

①費用が安い

img_5502
We heart it

なんといってもバックパッカーの最大のメリットは、旅の宿泊先や交通機関などの旅行のプランを全て自分で調べるので、費用をかけず長期的に自由に海外旅行ができることです。

②友達が増える!

img_5506
We heart it

従来の海外旅行ならば、現地の人と仲良くなることはあまりないですが、バックパッカーならば、世界中のバックパッカーの友達ができ、現地のバーやクラブ、または宿で現地の人たちとコミュニケーションをとることができます。また、様々な国や地域から来た旅人と語り合うのはバックパッカーの醍醐味の1つでもあります。帰国後も、連絡を取り合う程の気の合う人に出逢えるかもしれません。自由に旅行プランを立て、観光したり遊びに行く中で、自由に友達を作ることができるのはバックパッカーならではの旅の楽しみ方です。

③苦労した分、達成感が大きい!

img_5314
We heart it

バックパッカーは、普通のツアーの旅行と違って、目的地にたどり着くまで全て自分で調べ、交通機関も手配しなければいけないので、同じ目的地でも、ツアーと比較すれば何倍も苦労はしますが、辿り着けた時の達成感はバックパッカーでしか味わえないものがあります。

バックパッカーのデメリット

①盗難に注意!

img_5318
We heart it

費用を抑えるために主に長距離バスを利用することが多くなるのですが、長距離バスは現地の人も乗るのでスリや強盗の対象になることがあります。気をつけているつもりでも自分が気づかないうちに貴重品が盗まれていたなんてことも…。自分の荷物や貴重品の管理は徹底しなければいけません。

②現地の治安状況に注意!

img_5504
We heart it

世界には日本とは全く異なった文化・常識が当たり前のように存在しますよね。そのため、知らない土地に足を踏み入れることは危険と隣合わせでもあります。大人数で行くより、人数が少ないほど、また女性の方が重大な危険に遭遇する確率は高まります。

また、あれやこれやと無謀なチャレンジしたり、安易に紛争地帯に踏み込んだりするなど、リスクを深く考えないような行為は、命に関わる深刻な問題につながります。旅に出る前に、旅の良し悪しをしっかりと把握することがなんといっても大切です!

バックパッカーに人気の国

▽タイ

img_5311
We heart it

タイの一番の魅力はなんといっても物価の安さ!食べ物・宿泊施設・交通費も会わせて、1日2000円以内で済ませることが出来ちゃいます。スリの危険性も心配するほどありません。また、食べ物も美味しく、優しくて親切な人も多いのがタイの魅力!

▽インド

img_5310
We heart it

何度もバックパッカーをしている人が一番オススメする国がインド。タイも人気なのですが、タイはインドに到着するための中継地点であり、インドが目的地ということがほとんどです。あのインドならではの独特の国の文化や街並みに取りつかれる人が多いそうです。しかし、その反面で近年になっても”性犯罪”が増加しています。また、「詐欺」、「スリ」、「ぼったくり」などの軽犯罪も非常に多いのがインドの難点です。

安易に紛争地帯などの危険地帯には踏み入れないこと、その国の文化を尊重すること、現地の人々にとっては日常生活の場であることを忘れずに、文化の違いも受け入れながら旅を楽しむことが大切なのです!

 


みなさんも一度は”世界一周”してみたい!と思ったことがあるのではないでしょうか。つぎは、そんな旅の中でも最大級の規模である世界一周についてまとめてみました。

 ◯世界一周

img_5315
We heart it

世界を一周するなんて想像するだけで、ほんとにワクワクが
止まらないですよね。けど実際、世界一周ってどうなってるの?どういうルートでしてるの?なにが必要なの?などなど。疑問がたくさんある方も多いのではないでしょうか。

そんな世界一周を体験したある方のブログを紹介します。

海外旅行・世界一周の情報を配信するブログ

On  The Road

筆者は2014年10月12日に子供の頃から夢だった世界一周に旅立ちました。社会人として2年半で貯金した200万円のうち事前準備金の20万円を抜いた180万円を使って、1年間で回った世界64ヵ国分の記事がこと細かにつづってあります。

img_5498
On the road

そしてこの世界一周旅には、マスコットキャラクターであるペンギンのぬいぐるみのシビちゃんと”世界一周ぬいぐるみ旅”というちょっと変わった旅の仕方をしています。

世界64カ国分の体験談、旅での注意点、そして行ったことで得た知識、思いや考えを詳しく知ることができます。その内容の面白さと深さにどっぷりはまってしまうと思います。ぜひコチラで詳しく読んでみてください!


現在、学生向けに世界一周の夢を叶えるコンテストが行われてることを知っていますか。

世界一周を叶えるコンテストDREAM 

 

img_5497
tabippo

いつかは世界一周してみたい!世界を旅してみたいけれど不安がある…。そんな旅を夢見るすべての学生に、一歩踏み出すきっかけを提供するコンテストがDREAMです。旅への想いを語り、審査を勝ち抜いた最優秀賞者にはH.I.S.世界一周旅行デスク様ご提案「世界一周航空券」が贈呈されるというものです。2011年にスタートして今年で第7回目まで開催しています。過去5,000人以上が参加して、多くの人がこのコンテストから世界一周へ旅立ちました。

コンテストの形式として、書類、面接、そして世界一周についてのプレゼンテーションを7分前後行い、各エリアで最優秀賞を獲得した計3名には、世界一周航空券(50万円相当)が贈呈されるというものです。

1人1人の夢を持った自分たちと同じ学生が、自分の夢を叶えるために挑戦する姿にとても感動するこのコンテスト。人生が変わる第一歩になること間違いなしです。


旅に出ることは、ある程度の予算と大きな勇気が必要なこと。

img_5499
We heart it

しかし、勇気を出して一歩踏み出した世界で、自分の中で何かが変わるかもしれません。世界は想像以上に広く、様々な文化と人種が入り乱れ、数え切れないほどの人で溢れています。世界を知ることで視野が広がり、それが知識となって自分の財産となります。バックパッカーは”自分探しの旅”ともいわれているほど、新しい自分を求めて旅に出る人が多いです。もちろん、ある程度のリスクはつきものですが、それらを上回るような感動に出逢えるのがなんといっても旅の魅力です。

旅のことを知るたびに、世界を旅してみたい!とうずうずしてきませんか。

ぜひ、あなたも自分のスタイルで旅の魅力にどっぷりつかってみましょう!