【邦ロック】#ミュージックビデオ#岡崎体育#とは【今話題のアーティスト】

LINEで送る
Pocket

 

みなさんは”岡崎体育“という名前はご存知ですか?最近メディアなどに多く取り上げられるようになったこの方は自らの音楽を”盆地テクノ”とジャンルづけて活動しているアーティストさんです!

 

また、きゃりーぱみゅぱみゅや星野源などの有名なアーティストも注目していたり、最近はCMとタイアップしたり、フェスやMステのような音楽番組にもひっぱりだこで聴いたことがある方も増えたのでは…?

 

簡単なプロフィールがこちら!

【PROFILE】岡崎体育 Okazaki Taiiku (本名 : 岡 亮聡 Oka Akitoshi)1989.7.3生まれ (26歳)身長 : 175cm 体重 : 83kg血液型 : A型視力 : 右 2.0 左 2.0出生地 : 兵庫県西宮市

2000年(10-11歳)    
 ・外野手としてチームに貢献
 †友人宅で遊戯王のレアカードをなくす
2003年(13-14歳)    
 ♪友達に借りたEMINEMを聴き、衝撃を受ける
 ♨初恋をする 儚く散る
2004年(14-15歳)    
 ♪音楽に興味を持ち始める
 ♪月々のお小遣いのほとんどをCD代にあてる
 ♪ニンテンドーDS「大合奏バンドブラザーズ」で作曲を始める  
2008年(18-19歳)   
 ・同志社大学文化情報学部入学
 ♪DTMソフト「CUBASE5」を購入 本格的に作曲を始める
2009年(19-20歳)   
 ♪エレクトロパンクバンド"愛新覚羅ヌルハチ"を結成
2010年(20-21歳)   
 ♪†ハギワラが名古屋移住、中村が渡米した為、同バンド解散
 ♪パンクユニット"ヴァーツヤーヤナ・カーマ・スートラ”結成
 ・地元スーパーマーケットでアルバイトを始める
2012年(22-23歳)   
 ・大学卒業
 ♪音楽ソロプロジェクト"岡崎体育"開始
 ♪自主制作1stアルバム「グレイテストヒッツ」リリース
2013年(23-24歳)   
 ♪奈良県最大の音楽フェス「なら音’13」に出演
 ♪自主制作5thアルバム「FICTIONAL ZODIAC」リリース           ♪年間44本のライブに出演
2014年(24-25歳)   
 ・現在に至る

oka

出典:オフィシャルHP

 

彼のオフィシャルホームページから一部を抜粋しましたが、アピールするポイントがユニークさを垣間見せます。また、現在もスーパーでのアルバイトは続けているというので親近感も湧きます。

 

そんな”岡崎体育”の名を世間に広めた曲がこちら、『MUSICVIDEO』!

 

 

 

 

邦ロックにおけるmusicvideoを「あるあるをわかりやすく且つおもしろくまとめたこの曲。キャッチーなメロディーと思わず「あるある」となってしまう歌詞に、一度聴くととても印象深く残ってしまうと思います。


 

今回は”岡崎体育”を一躍有名にした『MUSIC VIDEO』のなかで特に印象的な“music videoにおける女の子の演出講座”に当てはまるMVの曲とバンドを紹介します!!

 

気になるミュージックビデオは画像をクリックすると観ることができるので、チェックしてみてください!!

 

 

 

 

○泣かす

社会の窓/クリープハイプ

kuri-pu

出典:youtube

ボーカル、尾崎世界観の声が特徴的なクリープハイプ。リアルで且つ独特な切り口で表現される歌詞とメロディーが唯一無二だと思います。この曲は女の子?としてカウントしていいのかはわかりませんが、MVとリンクして展開されるミュージック・ムービーと組み合わさっている点は新しく面白いです。

 

 

 

○踊らす

オドループ/フレデリック

odoru-pu出典:youtube

中毒性の高〜いこの曲!一度ハマると永遠リピートのループです、みんなを虜にしてしまいます、凄まじいです。どうしてだろう、また再生してる…そうです、あなたもフレデリックの虜になってるんです。

 

 

 

○音楽聴かす

A-Han!!/感覚ピエロ

ahan
出典:youtube

感覚ピエロの「拝啓いつかの君へ」を一度は耳にしたことがある方も多いのでは?ドラマ”ゆとりですが何か”の主題歌に起用され、一躍有名になりました!この曲MVに関しては音楽聴いてるだけでなく、踊ってます。みんな踊ってます。

 

 

 

○窓にもたれさす

夜汽車は走る/indigo la End

yorukisya

出典:youtube

ゲスの極み乙女のボーカルでもある、川谷絵音さんがボーカルを務めるindigo la Endは、2014年にメジャーデビューした現在スリーピースバンドです。indigo la Endの曲は柔らかく切ない雰囲気を醸し出してるのが特徴かと思います。

 

 

 

○倒れさす

Girl A/[Alexandros] 


出典:youtube

[Champagne]から[Alexandros](アレキサンドロスと読みます)に改名したフォーピースバンドです。英語の歌詞と日本語の歌詞が混合した曲が特徴的で、重すぎずナチュラルに耳に入ってくる、そして前向きな曲ばかりです。また「はい、カットー」の後にじゃれるのが[Alexandros]のMVでは”あるある”になってるので、そちらも注目してみてください!

 


また邦楽ロックだけではなく、「Jpopの曲にもあるあるだよ」となった巷では…様々なアーティストで”岡崎体育のMUSICVIDEOをやってみた”という動画も作成されていて面白いことになっているので気になった方はぜひチェックしてみてください!

 

こちらはももいろクローバーZバージョンです。

改めて、岡崎体育の『MUSICVIDEO』には〝あるある″が詰まっていることがわかります。

 


また彼のTwitterでのコメントも独特のセンス溢れるものでとても面白いので、ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。

 


自分の好きなアーティストや今回紹介したアーティストのミュージックビデオで”岡崎体育のMUSICVIDEO”がつくれるか、改めて見直してみるのも楽しいかもしれません!また岡崎体育が発表しているほかの曲はキャッチーで面白いものから、胸にしみる曲もあるのでぜひ聴いてみてください!

いつもは音として耳だけで聴いている曲をたまにはアーティストや作り手の思いが詰まったミュージックビデオで楽しむ夏はいかがですか?