【変わった恋愛の形】国際恋愛って…?

LINEで送る
Pocket

 

ここ数年で、多くの外国人を街中で見かけるようになってきたと思いませんか。

今や、日本を訪れる観光客の数は、年々上がり続け、昨年はなんと2000万人にも突破し、過去数年での外国人観光客数が日本一になりました。観光客のみならず、日本に住む外国人も多くなってきていますね。そんな外国人と共存していくのは当たり前の風潮になった今、一度は”国際恋愛”に憧れたことはないでしょうか。

image

日本とは異なった顔立ち、性格、価値観、文化、言語…。など、外国人の持つ魅力に惹かれている人も少なくはないはず。しかし、異なった言語や価値観から「大変そう」「苦労しそう」とマイナスのイメージの方が強い人が正直、大半だと思います。だからこそ、それらを乗り越えた国境を越えた愛って素敵ですよね。そんな国際恋愛の魅力と外国人との恋愛での落とし穴について迫ってみました。

言葉の壁≠恋愛の壁

image
なんといっても国際恋愛での一番の壁は言語ですよね。両方が共通の言葉で話せればいいのですが、そうではない場合、一番つっかかる部分です。言葉が通じないと、相手になにも伝えることが出来なければ、相手の気持ちも分かりません。どちらかの一方が相手の言語を話すようになると思いますが、この言葉の壁もポジティブに考えれば、相手の国の言語を学ぶ良い機会になり、逆に相手に自分の言語を教えることを通して、新たな発見があって楽しいのではないでしょうか。言語の壁を恋愛の壁にするのではなく、前向きに二人の共同作業として取り組んでいくことで、二人の”絆”がよりいっそう深まるいいきっかけになると思います。コミュニケーションは最も重要。言葉の壁を乗り越えてお互いによりよいコミュニケーションがとれるようになることほど、嬉しいことはないはずです!

世界観・視野が広がる

image
日本人とは異なった考え方や性格の外国人。付き合っていくうちに異なった文化、言語、またそれらを通して、自分には今までなかった考え方を知ることで、自分の世界観や視野が大きく変化していくと思います。自分に変化を与えてくれる存在って嬉しいですよね。今まで知らなかった自分に出会うことで、いい意味で人生が変わるきかっけになるかもしれません。

憧れだけじゃダメ。外国人との恋愛の落とし穴

image

逆に外国人との恋愛において気を付けるべきことは何なのでしょうか。まず、外国人は恋愛に対してオープンな考え方をしています。日本のように、告白して交際に発展するような形から入る概念がなかったりします。たとえ、男女の関係になっても、もしかしたら相手は彼女、もしくは彼氏だとは思っていなかったり…。そこは、外国人と日本人との恋愛においての価値観の違いかもしれません。また、日本人の女性においては西洋人、アジア系の外国人を問わず、とてもモテます。しかし、中には自分のことが好きなのではなく、”日本人女性”が好きな外国人もいるのです。また、日本に住んでいる外国人は別ですが、滞在している外国人の場合、期間限定の恋愛関係にするつもりの人もいます。簡単に甘い言葉にのってしまうのは危険かもしれません。

どこで出会える?

image

肝心な”出会えるスポット”ですが、都内だと、やはり六本木や広尾、麻布十番、渋谷などがポピュラーです。また、国際交流を目的として活動している会社や、団体が主催しているパーティーなどもあります。英語が喋れない人でも、日本語が喋れる外国人のみが集まったパーティーもあるので必見です。上で述べたことに注意しながら、いろんな国の人と、交流することで違う国の友人をつくるチャンスにもなるので積極的に参加してみてはいかがでしょうか。


困難の多い国際恋愛。しかし、国際恋愛だからこそ味わえる苦労さだったり、その反面で楽しさだったりします。だからこそ、二人の絆や、関係性はより深いものです。最終的には、二人の気持ちが結ばれていればどんな困難も乗り越えていけると思います。

image

今や、Instagramで#国際恋愛で調べると多くの国際カップルの楽しそうな日常を見ることができます。

文化や言葉の違いも楽しむ勢いで、日本人とは違った恋愛を楽しむのはとても新鮮なのではないでしょうか。