アパレル店員が教える!!店員をうまくかわす4つの方法

LINEで送る
Pocket

夏セールも終わり落ちいた店内。友達を待っているちょっとした時間。

ふら~と立ち寄ったアパレルショップ。そんな時に、店員さんに声をかけられ、、、。

話しかけられるのは仕事なのでしょうがないなと感じながらも、「話しかけてほしくないな。」

と思った経験ありませんか??

意外とこういった経験をしたことがある人多いんじゃないのでしょうか。

今回は、話しかけられた時にうまくかわす方法をアパレル店員からの目線でまとめてみました!!

1,目を合わせない

研修の時に、必ずアイコンタクトするように教えられます。

そのため、入店時のご挨拶でアイコンタクトできたお客様の行動を入店から退店まで良く見るようにしています。

お客様の行動を見ながら、あの商品のこと気になっているのかなと思うと、商品について話しかけるようにしています。

なので、入店時に私に挨拶している!!と思っても、軽く会釈をして、アイコンタクトは極力しないようにするのがオススメです♪

2,1つの商品をゆっくり見すぎない!!

買い物
出典:Peacty

1つの商品をずっと見ている(触っている)お客様がいると、「気になってるのかな」と思い、お声がけしちゃいます。

自分が洋服を選ぶポイントを決めて、1つの商品をじっくりみないようにしましょう!!

もし、本当に気になる商品ならば試着してみて、試着室でじっくり見るのがいいと思います。店員さんに焦らされず、思う存分みることができます。

話しかけられた時も、商品を軽く見ただけじゃ分からないようなコーデの組み方や洗濯方法を聞くのがベストです。

3,ご試着中のお声がけは、軽く返事

ご試着中の「サイズいかがですか?」などのお声がけって、びっくりしませんか?
話しかけなくてもいいのに、、、、。って思ってしまいますよね?

そんな時は、軽く「はい、大丈夫です。」と返事をしましょう。

返事がないと、店員は心配になってしまい、ご試着後に必ずお声がけします。
だからといって、多く返答しまうと”このお客様買ってくれるのかな”と思って、積極的に店員さんは話しかける傾向にあります。

4,他の動きで、カモフラージュ

どうしてもゆっくりみたいという方は、音楽を聴いたり、携帯電話を触ったりして”買い物をしに来たわけじゃないですよ”とアピールをしましょう。

店員さんは買い物以外の行動をしているお客様には、距離感を保つながらお声がけしようとするのでうまく店員さんをかわすことができます。

最後に、、、、

店員さんは、どうしても話しかけたい!!と思っているわけじゃありません。仕事の一環として、お客様に良いお買い物をしてほしいと思って話しかけています。
ですので、話しかけられた際は迷惑がらず、うまくかわしましょ!!

店員さんのことはあまり気にせずに、楽しく買い物しましょう♪

買い物
出典:BizLady