女子大生がお小遣い稼ぎになるかと思って作ってみたら意外と大変だった LINEスタンプの話

LINEで送る
Pocket

「LINEスタンプ自分で作れるんだーたのしそー」

「あー、働くのも面倒だしラインスタンプでも作って一攫千金狙うか☆ぐへへへh…」(女子大生)

という安易な気持ちと少しの邪念で作り始めたLINEスタンプがとうとう発売されたので苦労話やこれから作る人にポイントをいくつかご紹介しましょう!!

 

まず、できたスタンプがこちらになります

 

LINEスタンプ1LINEスタンプ2LINEスタンプ3予想以上にシュールな出来に作者も驚きを隠し切れません

ここから購入できるのでシュールな自分を演出したい時はぜひ!

 

サークルの飲み会で多く出したお金を返してほしい時も、

サークルが一緒なあの子に告白したい時も

サークル、もっと熱く活動しようよ!!!って時も、

このスタンプがあれば1㎜くらいは伝わるかもしれません!

 

 

さっそく大変だった事とポイントをご紹介していきましょうね

 

 

1. 40パターンを考えるのがしんどい

ファイル 2015-06-23 23 43 16

30あたりで限界を感じますし、ノート一面に広がるシュールが精神を不安定にさせるので、かわいいモチーフを選ぶことをお勧めします

一つのキャラクターだけでなく違うキャラクターを10個ずつ描くなどしても良いでしょう

台詞などはなるべく入れて、具体的に使う場面が想像できるものを考えてください。

でないとよくわからないただシュールなだけのスタンプにすぐさま「飽き」がやってきます

2. 審査にかなりの時間がかかる

4.5か月もざらのようです、ワンシーズンが終わりを告げ、新しい出会いに胸をときめかせている間にスタンプのことなど忘れてしまいます

リジェクト(拒否)されるとさらに時間がかかってしまうので慎重に作りましょう

流行も先読みしながら、もしくは流行に左右されないものが良いですね

 

 

 

 

3. 意外と儲からない

みなさんが思っているより全然儲かりません

世の中そんなに甘くはないので

「あー、働くのも面倒だしラインスタンプでも作って一攫千金狙うか☆」とか

思っている人は今すぐにハローワークに行け

 

(注)jagzziは新入生女子に限っては「働かないススメ」を提唱しています。

 

 

 

 

とはいえ、自分の作ったものをお金を出して買ってもらえるという経験は新鮮だと思うので、何かを作るのが好きな人はぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です