そこのあなたに読んでほしい!毎日を、もっと大事にしたくなる漫画特集

LINEで送る
Pocket

ストレス社会を生きるあなたに読んでほしい。

毎日同じことの繰り返し、何か大事なことを忘れてしまいそうになったとき、心が疲れたとき、たまには何も考えずに漫画を読んで、リフレッシュしませんか?

人生のヒントが見つかるかもしれないし、そうでないかもしれません。

 

manga1
あらすじ
舞台は高校の社交ダンス部。元気女子・夏とオタク男子・端場が、ひょんなことからペアを組むことに! 反りが合わない夏と端場だが、社交ダンスは2人で1つ。衝突や和解を繰り返しつつ、ペアでしか味わえない喜びや興奮を獲得していく……! いたたまれないけど、いとおしい。実力派気鋭・ヤマシタトモコが熱筆する、誰もが共感する青春ダンス漫画!

point3
『BUTTER』©ヤマシタトモコ/講談社

若さゆえの失敗や、痛いくらいの自意識、恥ずかしくなるような、本当に黒歴史になるような、だけど誰もが経験したのではないかと思う未熟さとかそういったものをひっくるめて、全部愛おしい。
不器用で、思うようにいかなくてイラついた時の感情や、何かに夢中の時、楽しくて楽しくてしょうがない時の胸の高鳴り、指先から熱を帯びていくあの感覚、すべてに共感でき、心の底から揺さぶられます。

 

 

 

 

 

manga2
葉瑠は幼い頃に母親をなくして以来、義理の父・誠司とふたり暮らし。
葉瑠の高校入学に前後して、誠司の旧友・千絵さんと新しい出会いで二人の世界は広がる。
変化していく生活の中で、葉瑠が思い描くふたりの未来は・・・?

point2
『やじろべえ』©山川あいじ/集英社

恋愛ものではないです。とても暖かい親子と二人を取り巻く人々のお話です。登場人物の紡ぐ言葉ひとつひとつが丁寧で、いつだってお互いを思いあって大事にしているのを感じます。また、柔らかいタッチで描かれる穏やかで優しい表情と、適度に進む会話、心地の良い間が疲れた心に沁みわたります。
「だから あたしは知ってる ママは幸せな人だったよ」
「1人より2人 そうやって寄りそって生きれること あたしは誠司と知ったんだ」
人を愛することを知っている葉瑠ちゃんだからこそ言える台詞に胸がぎゅっとなります。

 

 

 

 

manga3
犬塚孝士は、とある武術家の家系の後継者としてこの世に生まれたが、幼い頃の事件により暴力恐怖症になり、武術をやめ検事を目指していた。ところが高校生となった孝士の元に、同じく武術家の後継者である九頭竜もも子が、孝士と結婚し地上最強の子孫を作る為に押しかけてきた。その上孝士・もも子の結婚によって十二神将戦争を終結される事を恐れた刺客が、犬塚孝士暗殺を達成し第7次十二神将戦争を起こすべく、犬塚孝士の命を狙い次々と襲い掛かってくる。

point
『すもももももも~地上最強の嫁~』©大高忍/スクエアエニックス

笑えて泣けて感動できて、とにかく面白いラブコメバトル漫画。主人公の孝士がまた人間臭くて、口先だけだったり悪態ついてしまったり、苦手なことから逃げていたり、共感できる部分も多いのではないでしょうか?しかしそんな孝士も、次第にもも子と生活していく中で成長し、本当の意味で自立していく姿に心打たれます。
もも子の一途に孝士を思い続ける気持ちと芯の強さ、力強い表情に圧倒されます。そしてなによりも、心の底から信念を持ったまっすぐな思いと何にも動じないその凛々しさ、そして物理的にめちゃくちゃ強いもも子が本当にかっこよすぎます、惚れます。
安定の画力で表情を豊かに描きこれでもかってくらいに表わされた感情と、迫力のあるタッチは圧巻の一言!!!!愛する人のために、命を懸けて戦うことは日常においてめったにないですがそういった場面があれば、この漫画を思い出していただければよいかと思います。