「かわいい」に浸れ!乙女心がときめく美術展【竹久夢二・セーラームーン】

LINEで送る
Pocket

 

 

女の子はいくつになっても乙女な心をもっている。

だけど慌ただしい毎日でそれを忘れてしまっている女子たちも多いのでは?

時には乙女がときめく「かわいい」がつまった美術展で、ゆっくり芸術に浸ってみない?

 

  • 美少女戦士セーラームーン展

 

出典:roppongihills.com/tcv/jp/sailormoon/
出典:roppongihills.com/tcv/jp/sailormoon/

 

私たちの幼少期のアイドル「セーラームーン」。2012年に生誕祭20周年を迎えてブーム再来のセーラームーンですが、展覧会が行われるのは実は初めて!

原作者・武内直子氏が書き下ろした原画や90年代のアニメ資料や当時の人気グッズが多数展示されます。

なかでも注目したいのが、併設されている「CHIBIUSA cafe」。   今回の展示オリジナルの「セーラームーンスペャルハンバーガー」や「天空のミラクル・ロマンスパフェ」など、もったいなくてたべられないような世界観満載のメニューが充実。

出典:roppongihills.com/tcv/jp/sailormoon/
出典:roppongihills.com/tcv/jp/sailormoon/
出典:roppongihills.com/tcv/jp/sailormoon/
出典:roppongihills.com/tcv/jp/sailormoon/

 

展示に足を運ぶ前に、ぜひ漫画やアニメを見直してあの頃を思い出してから行こう。大人になってから読み直すと、物語の奥深さに改めてはまってしまうかも!

 

日程:2016年4月16日(土)〜6月19日(日)

料金:一般:1800円/学生(高校・大学生):1200円/子ども(4歳〜中学生):600円/シニア(65歳以上):1500円

場所:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内 スカイギャラリー 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階

美少女戦士セーラームーン展

 

  • 100年前に夢二が発信♡大正時代の「かわいい」展

    ~乙女がときめくデザイン&イラストを中心に~

 

出典:yayoi-yumeji-museum.jp/yumeji/
出典:yayoi-yumeji-museum.jp/yumeji/

 

大正ロマンを象徴する画家・竹久夢二(1884-1934)は、自身がデザインした小物を大正時代に“かあいい”という言葉を用いて紹介

 

今から100年前、時代に先駆け竹久夢二が発信した「かわいい」は、大きな瞳に可憐な佇まい、今の私たちが見ても胸がときめくデザイン。

今なお発展する「かわいい」文化の原点ともいえる作品たちをみることができる。

 

続けて、同じ施設内の弥生美術館にも寄ってみよう。

現在は、谷崎潤一郎の「細雪」に登場する蒔岡家の四姉妹の着物を再現した着物や、谷崎の代表作をはじめとした作品の挿絵などを展示した展覧会が開催中。

 

出典:yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/
出典:yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/

 

帰り際にはぜひ、『夢二カフェ 港や』に立ち寄って夢二ブレンドを飲みながらレトロな雰囲気に浸りたい。

一度に二度と言わず三度おいしい美術館で、古き良き日本文化を感じてみては?

 

日程:2016年3月31日(木)~6月26日(日)

料金:一般900円/大・高生800円/中・小生400円(弥生美術館もご覧いただけます)

場所:竹久夢二美術館 〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-2

100年前に夢二が発信♡大正時代の「かわいい」展 ~乙女がときめくデザイン&イラストを中心に~

 

  • 開館20周年記念 ふたたびのネコ展

 

出典:yushu.or.jp/museum/kikaku/
出典:yushu.or.jp/museum/kikaku/

 

2006年に開催され、大好評だった「イヌ年なのにネコ」展がふたたび開催。題して「ふたたびのネコ」展。

今年で開館20周年を迎える切手の博物館は、日本や外国の切手を何十万種と保管する国内でも珍しい博物館です。

開催中は、世界のネコ切手60種による“美猫ブサカワ総選手権”といって、一押しの猫を投票するというイベントも。

 

出典:yushu.or.jp/museum/kikaku/
出典:yushu.or.jp/museum/kikaku/

 

かわいい」猫たちの切手に存分に癒しをもらいたい。

 

日程:2016年4月1日(金)~6月29日(水)

料金:大人:200円、小中学生:100円、障害者無料 *毎月23日は「ふみの日」で無料(ただし5月は月曜日休館のため翌24日が無料)

場所:切手の博物館1階 企画展示室 〒171-0031 東京都豊島区目白1-4-23

開館20周年記念「ふたたびのネコ」展

 

  • オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展

 

出典:renoir
出典:renoir

 

オルセー美術館とオランジュリー美術館は、世界でも有数のピエール・オーギュスト・ルノワールの作品を所蔵する美術館。

ルノワールが描く光と色彩を帯びた油絵は、儚くて美しい。これってまさに乙女が愛する「かわいい」なのかも。

今回の目玉は、日本で初めて展示されるルノワールの最高傑作「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」。本物のルノワールを見ることができるとっても貴重な機会です。

 

出典:renoir
出典:renoir

 

 

日程:2016年4月27日(水)~8月22日(月)

料金:一般:1600円、大学生:1200円、高校生:800円

場所:国立新美術館 企画展示室1E 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展

 

 

学割がきいて時間のたっぷりある学生時代のうちに、美術展にたくさん出向いて感性豊かになりましょう